先生方や、保護者の皆様がお子様と活用いただける「学習のポイント」を
ご紹介します。ぜひご参考にしてください。

キミのマチが
楽しくなることはなんですか?

キミのマチの楽しいことを思い浮かべてみましょう。
●住んでいるマチはどんなところ?
●楽しい場所や、イベントは何?
●それが楽しいのはどうして?
などを考えてみましょう。

学習のポイント
『自分自身が楽しいと感じる場所や出来事は何?』
などの身近なマチに関するヒントを与えて、子供たちにイメージさせましょう。

どんなのりものかを、
考えてみよう!

①で考えたキミのマチをもっと楽しくする
のりもののアイデアを考えてみましょう。
●誰が楽しいと思うのりもの?
●どんな時に利用されるのりもの?
●どうしてキミのマチが楽しくなるの?
などを考えてみましょう。

学習のポイント
キミのマチの中で、誰が、どんな時に乗るのりもので、どんなふうに楽しくしてくれるの?などの質問をし、
子供たちのイメージづくりをサポートしてあげて
ください。クラス全員で1つのアイデアを考えてみるのも良いでしょう。

そののりものを
絵に描いてみよう!

アイデアをつくるときに考えた
●のりものの特徴
●どんな形をしているか
●どんなことができるのか
などを意識して、
キミのマチとのりものを描きましょう。

学習のポイント
①②で考えたキミのマチや、どんなのりものかなどの
ポイントが表現できているか、アドバイスして
あげましょう。

描いた絵を紹介してみよう!

描いた絵を元に、どのようにキミのマチが楽しくなるか、どんなのりものかを応募用紙の「⑦アイデアと
アピールポイント」欄に書いてみよう。

学習のポイント
アイデアとアピールポイントがうまく書けない子どもには、キミのマチ・のりものの「どこを見て欲しいか」「どんな機能があるのか」などを聞き出し、アイデアを引き出してあげてください。

エネルギーの
たくはいびん
小山 涼音

ぼくのゆめのクルマ「エネルギーのたくはいびん」はいろんな家にエネルギー玉を
はいたつするクルマです。
このクルマは火山に行って火をすって中で火がエネルギーになるしくみになっています。
このクルマのしめいはこまってる人をたすけてえがおにすることです。
このクルマは世界中の人がえがおになるまでたくさんのエネルギーをおくっている
クルマです。

かふんをおそうじ
らくらくカー
許田 史佳

わたしは、かふんしょうです。
はるには、マスクをしてあそばなければいけません。
だからこのクルマをかきました。

らくらく温泉カー石田 万結

足がわるくなって大好きな温泉に行けなくなってしまった、
おじいちゃんを車にのせて全国の温泉に連れていく。
とうちゃくすると、源泉をくみあげて、車が温泉にはやがわり。
ドームの中には、360°カメラでさつえいした景色がうつしだされて、
移動がいらずで温泉が楽める。